Webサイトを制作したいけれど、経験がないからどうやって作ればいいかわからないと悩んではいませんか?サイトはただ制作するだけでは効果を出すのが難しいです。ここでは、制作の際の方向性の決め方や、実際に制作する際の注意点などをご紹介します。

Webサイトの目標を決める

Webサイトを作る際に考えなくてはいけないことは、このサイトを使ってどんな結果を期待するかを明確にしておくことです。新規顧客を増やしたいのか、商品の知名度を上げたいのかなど、目標が決まることでターゲットを絞りやすくなります。

Webサイトの核!コンセプトを決める

サイトの制作には、様々な人が関わります。なので、共通の目標を設定していないと、どこがゴールなのかが明確になりません。それぞれが曖昧な認識だと、後でトラブルにもなりかねないため、サイト制作の場合は初…

ターゲットの年代や趣向を想像する

ターゲットのイメージをより詳細に設定したものを「ペルソナ」と言います。年齢や性別、家族構成だけでなく、趣味や居住地域など具体的に決めていきます。そして、その人物が今どのようなことに関心や悩みを持っ…

目標は数値化できるものにする

サイトを作る際に「商品を人気にしたい」を目標にした場合、何を達成すれば人気が出たのかが明確にはわかりません。売り上げが伸びれば人気が出たと感じる人もいれば、SNSで取り上げられたら人気が出たと感じ…

Webサイトをデザインする時のポイント

魅力的な内容が書いてあっても、見にくいサイトの場合は途中で離脱されてしまうことが多いです。デザインする上で大切なことは、読み手の気持ちを想像することです。デザインする際に注意すべきポイントをご紹介します。

モバイルファーストのデザインにする

モバイルを利用する人が増加するにつれ、Webデザインにおいてもモバイルファーストが重視されるようになりました。一言にモバイルといっても、デバイスの種類は様々です。タブレットやスマートフォンなど、様…

SEOを意識して制作する

Webサイトを制作してユーザーが流入してくるようにするためには対策が欠かせません。ウェブデザインをするときにSEOを意識することが重要になります。SEOでは検索キーワードを上手に盛り込むのが基本に…

文章と画像のボリュームを調整する

文章だけしかないと圧迫感を与えてしまう

文章を中心としたweb制作を行う場合、文章の見せ方に注意しなければなりません。というのは、画面に文章がぎっしりと表示されるページというのは閲覧者からすると圧迫感があり、かなり読みづらいからです。では、どうすればいいのかというと、文章と文章の間に画像を表示するようにしましょう。そうすると文章による圧迫感がなくなり、読みやすくなります。また、画像を差し込むことによって、ぱっと見ただけで文章のテーマが閲覧者に伝わるという効果も期待できます。 ただ、いくら画像を差し込むことによって文章が見やすくなるといっても、あまりにも画像が頻繁に出てくると今度は画面に表示される文章量が少なすぎてしまい、閲覧者からすると文章を読み進めるのに時間がかかることになるのでよくありません。バランスよく配置することが重要です。

文章の冒頭に画像を入れて閲覧者の興味を引く

文章の中に画像を差し込む場合、具体的にどの辺に入れればいいのかというと、まずは文章の冒頭部分です。冒頭部分に入れる画像はアイキャッチと呼ばれ、視覚的に閲覧者の興味を引くことに役立ちます。また、画面を文章ばかりにしないことを目的とするなら、段落を目安に入れるのもいいでしょう。ただ、段落が複数ある場合、すべての段落に画像を入れる必要はありません。また、冒頭と文中に入れる画像は似たようなものではなく、違いがはっきりしているものにした方が見た目にメリハリがついていいでしょう。 適当な画像がない場合は、動画共有サイトを利用して、動画を挿入するのも一つの方法です。閲覧者が動画を見るとページの滞在時間が長くなるので、SEOの効果があると言う意見も存在します。