様々な端末に対応するレスポンシブデザイン

モバイルを利用する人が増加するにつれ、Webデザインにおいてもモバイルファーストが重視されるようになりました。一言にモバイルといっても、デバイスの種類は様々です。タブレットやスマートフォンなど、様々な端末からのアクセスを想定する必要があります。どのような端末でもストレスなく閲覧できるのが、レスポンシブデザインです。レスポンシブデザインのWebサイトは、アクセスする端末に合わせて文字の大きさやコンテンツの位置などが調整される仕組みとなっています。パソコンでもスマートフォンでも、またタブレットでも見やすく綺麗に表示されるのです。CSSによってデザインを調整するため、デバイスごとにコンテンツを用意しなくても良い、というメリットがあります。

画面の大きさや操作性を意識する

モバイルファーストのWebサイトを制作するなら、画面の大きさや操作性についても、しっかりと意識しておくことが大切です。スマートフォンの画面はパソコンよりも非常に小さいため、細かい文字などは読みにくくなってしまいます。またモバイルユーザーは外出先など様々な場所から、Webサイトにアクセスするものです。周囲の明るさが変化しても見やすさが損なわれないよう、色合いにも注意したほうが良いでしょう。モバイルでの操作は、基本的にタップとスワイプになります。パソコンのようにマウスでクリックするのとは違い、指での操作になりますので小さいボタンなどは避けたほうが無難です。様々な点を意識して、モバイルユーザーに優しいサイトをデザインしましょう。